水槽用品・レビュー等 PR

【照明】LPSの飼育・色揚げにおすすめのLEDライト7選

悩む人
悩む人
LPSの色揚げをしたい!どんなライトがおすすめなの?
ハタタテ
ハタタテ
なるほど。それじゃあ今回はおすすめのライトを紹介していくね!

というわけで今回は、LPSの飼育におすすめなライトを7シリーズ紹介していきます。

本記事で分かること

・LPSsにはどんなライトが必要か

・おすすめのライト

・各ライトの特徴、値段、使い方等

どんなライトが必要なのか

アケボノ
アケボノ
そもそもLPSってどんなライトがあればいいの?

ハタタテ
ハタタテ
強力なライトは必要ないけど、色揚げをするためにはそれに合った波長のライトが必要だよ!

LPSは基本的に強い光を必要としない種類が多いですが、色揚げを行うためには青や紫といった波長を必要とします。

ナガレハナサンゴ。LPSは青や紫のライトを当てることで美しく色揚げすることが可能

これはどのLPSにも共通する傾向で、ほとんどすべてのLPSは「光量」よりも「適切な波長の光」を要求します。

特にLPSの色揚げには、光が最も重要です。

アケボノ
アケボノ
そもそも「色揚げ」ってなに?

ハタタテ
ハタタテ
サンゴの蛍光発色の仕組みを理解すればわかるよ!

サンゴは体内に蛍光タンパク質を持ち、この蛍光タンパク質は、高エネルギーな光を受けてより低エネルギーな光を放ちます。

これは高すぎるエネルギーの光から、サンゴの体を守るためと言われています。

光は赤色に近づくほどエネルギーが低く、紫色に近づくほどエネルギーが高くなります。紫外線は紫よりももっとエネルギーが高いです。

絵入れるかなここは。

もっと簡単に言うと、サンゴは紫外線や紫色、青色などの強い光から体を守るために、この強い光を受けて、より弱い光である緑色や黄色の美しい蛍光色を放つのです。

したがって、意図的に青色や紫色の光を当てて、サンゴの蛍光発色を強化するのが「色揚げ」です。

アケボノ
アケボノ
なるほど!だから色揚げには青や紫の光が必要なんだね
赤と緑に美しく輝くオオバナサンゴ。青いライトを当てたLPSは非常に映える

具体的に必要とされる波長は「紫外線:370nm」「紫:380-430nm」「青:430-490nm」などです。

ライトを選ぶ際には、このような波長を持つライトを選ぶことをおすすめします。

おすすめのライト

オプティマス リーフナノ2

アームを用いて水槽に設置するタイプのライトです。

光はブルー、ホワイトそれぞれのチャンネルで10段階の調節ができ、消費電力も33Wと光量が高いことが分かります。

ハタタテ
ハタタテ
LPSの色揚げにはブルー強めの設定がおすすめ!

タイマー機能があり、6時間、10時間、12時間のいずれかで点灯時間を設定できます。

対応水槽は3060cmと幅広くはないですが、とにかく見た目がカッコよく、光の波長もよく考えられており細かい調節も可能なのでソフトコーラルやLPSの飼育、演出には非常に向いたライトです。

欲しい性能がシンプルにまとまっていて、見た目もカッコよく、小型水槽においては真っ先におすすめできるLEDです。

オプティマスリーフナノ2

NEMO LIGHT(ニモライト)

ネモライトはマーフィードさんから販売されているシステムLEDです。

消費電力24Wの30-45cm水槽用、48Wの45-60cm水槽用、96Wの90-120cm水槽用があります。

バータイプとしても設置できますし、専用の吊り下げワイヤーキットを使うことで天井やハンガーなどに吊り下げることも可能です。

光はブルー20段階、ホワイト20段階の合計400段階以上の調節ができます。

ハタタテ
ハタタテ
こちらもブルー強めの設定がおすすめ!

24時間自動で朝の日の出から夜の月光までの光を再現してくれるモードと、自分好みに調節・設定できるマニュアルモードがあります。

その性能に対して値段が比較的安く、コスパが非常に良い商品です。

海水水槽用は「アクアマリン」です。

▼30-45cm水槽用

▼45-60cm水槽用

▼専用吊り下げワイヤーキット

Vital waveⅡ(バイタルウェーブ2)

バイタルウェーブ2はブルーハーバーさんから販売されているスポットタイプのライト。

照射角が50°と狭めで、単体ではそこまで光量も高くないため、スポット的に狙ったサンゴを色揚げしたい場合に適しています。

Bluetoothでの調光も可能で、スポットライトとしては非常に便利な性能。

ハタタテ
ハタタテ
調光できるのは便利だね!

色々シリーズはありますが、LPSの色揚げにおすすめなのは、紫外線の「UVA370」、紫が強い「バイオレット」、青みが強い「シアン」の3種類です。

Grassy LeDio(グラッシーレディオ)

グラッシーレディオボルクスジャパンさんから販売されているスポットライトのブランドで、その大きさや性能によっていくつかのシリーズがあります。LPSの色揚げにおすすめなのはRX072eRX122sの2シリーズです。

どれもスポットライトなので、単独でのメインライトには適しませんが、複数使用でメインとする手や、狙ったサンゴを照らしたい場合におすすめです。

30cmくらいの水槽ならどれもメインとして、45cm水槽なら2~3灯、60cm水槽なら3~4灯くらいが目安です。

RX072e

072eは消費電力が14wのシンプルなスポットLEDで、小型水槽であったり、狙ったサンゴに光を当てたい場合におすすめです。

LPSならカラーは「コーラル」「ディープ」がよいでしょう。ディープの方が青みが強い色をしています。水槽全体の色のバランスをとるならコーラル、色揚げ重視ならディープがおすすめです。

▼RX072eコーラル

▼RX072eディープ

とにかく色揚げしまくりたい!という方向けには「バイオレット」もあります。紫の光と紫外線がめちゃくちゃに強化されたもので、狙ったサンゴを色揚げしたいときにおすすめです。

▼RX072eバイオレット

グラッシーレディオRX072eディープはサンゴの色揚げに最適!【レビュー】今回は海水水槽用で人気のスポットLEDの「グラッシーレディオRX072e」の「ディープ」について、その使用感についてお話しします。...

RX122s

122sは消費電力が23wで、光量と通信ユニットが接続できる(後述)という点で072eの上位互換といえます。

LPSの飼育であれば、カラーは「コーラル」「ディープ」がおすすめです。こちらも072eと同じく、コーラルはバランス重視、ディープは色揚げ重視という感じです。

ライト本体の色はブラックとシルバーがあるので、好みで選ぶとよいでしょう。

▼RX122sコーラル

▼RX122sディープ

レディオBT2

RX122sでは、レディオBT2という専用の別売り通信ユニット(USBみたいなの)を本体に差し込むことでスマホから光量や色、消灯・点灯の時間を調節できます。

スポットライトながらシステムLED化が可能なのでセットでの利用をかなりおすすめします。

レディオBT2

レディオBT2はグラッシーレディオ使いなら絶対おすすめ!【レビュー】今回は、グラッシーレディオを使用する際に絶対おすすめの「レディオBT2」についてお話しします。...

ハタタテ
ハタタテ
RXシリーズの光量は文句ナシ!スマホからも操作できる万能スポットライトだよ!

▼グラッシーレディオについては選び方なども含めてこちらでさらに詳しく紹介しています

【徹底比較】グラッシーレディオはどれを選べばいい?条件別におすすめを紹介!今回は優秀ながらたくさんの種類があって選ぶのが大変なグラッシーレディオの選び方についてお話ししていきます。...

Grassy Wing2(グラッシーウイング2)

グラッシーウイングもボルクスジャパンさんから販売されています。

こちらはバータイプのLEDなのですが、ただのバータイプLEDではなく、システムLEDとして機能します。

専用アプリで、水深の設定、世界の海の照明サイクルを再現、曇りや雨などの天候を再現など、あらゆる調整が可能です。

もちろん任意で波長や光量を分単位で設定することも可能です。

アケボノ
アケボノ
色揚げ目的なら青めの色設定がおすすめ!

大きさは30cm水槽用、60cm水槽用、90cm水槽用があり、消費電力はそれぞれ最大204060Wです。

多少値段は張りますが、得られるメリットと使いやすさを考えればかなりおすすめできるライトだと思います。

海水水槽用は「マリン」になります。

ハタタテ
ハタタテ
ニモライトと並んでバータイプ最強のLEDのひとつ

アケボノ
アケボノ
バータイプは水槽におくだけだから設置も楽だよね

▼30cm水槽用

▼60cm水槽用

Grassy Cetus2 / グラッシー・シータス2

グラッシー・シータス2ボルクスジャパンさんから販売されている円盤型のシステムLEDで、先程グラッシーウイングで紹介したような機能を丸々持っています。

消費電力は60wで、面積あたりの光量は今まで紹介した中でも圧倒的です。

45cmキューブ水槽までくらいの水槽であれば、これ1灯で十分な明るさです。

我が家で活躍中のグラッシーソーラーリーフ(グラッシー・シータス2の前身モデル)

Bluetoothで光量、色味、タイマー設定などが可能なので、LPSの飼育時には青みを強めた設定がおすすめです。

水槽に設置する際は天井などから吊り下げてもいいですし、専用アームでの設置もおすすめです。

専用アーム

Reef LED(リーフLED)

リーフLEDはレッドシーさんから販売されているサンゴ用システムLEDライトです。

水槽全体にバランスよく光を届けるように設計されており、光が不十分な場所や逆に集中しすぎる場所を作らないことが特徴です。

Wi-Fi内蔵でアプリによって光量や波長の調整も可能。そもそもの光量も高く、今回紹介する中では文句なしのハイエンドモデルといえます。

ハタタテ
ハタタテ
水槽の横方向に光量変化の時間差を設ける「日の出機能」や「曇り機能」なんかも搭載しているよ!

アケボノ
アケボノ
すごい!自然界の光環境を再現できるんだね

サイズ展開は「50」「90」「160S」の3種類。

50cmキューブ水槽までは「50」、60㎝キューブ水槽までは「90」、90㎝水槽なら「50」を2灯、120cm水槽なら「90」を2灯といった使い方がベストでしょうか。

120cm水槽や150cm水槽で、奥行きが60cmを超える場合は「160S」を2灯以上設置する形がよいでしょう。

水槽に設置する場合は、専用のユニバーサルマウンティングアームでの設置がおすすめです。

専用のハンギングキットを使えば吊り下げタイプでの使用も可能。対応範囲が広いのもこのライトのいい点ですね。

まとめ

*カッコよさと手軽さの「オプティマス リーフナノ2

*バーも吊り下げもお手の物。コスパ良き「ニモライト

*ピンポイントで色揚げ「バイタルウェーブ

*あらゆるニーズに対応「グラッシーレディオ

*バータイプで最強「グラッシーウィング2

*圧倒的光量と使いやすさ「グラッシー・シータス2

*これ一つで完結「リーフLED

今回はLPSの飼育や色揚げにおすすめなLEDライトを7シリーズ紹介しました。

サンゴ用の照明はどうしても高価な買い物になってしまいますが、だからこそ後悔はしたくないですよね。

今回紹介したのはどれも個性的で有用なLEDライトたちですので、LPSの飼育や色揚げに挑戦する際はぜひ参考にしてみてください!

ハタタテ
ハタタテ
それでは皆さんがよいサンゴライフを過ごせますように!

アケボノ
アケボノ
またね~
LPS入門におすすめの飼育難易度が易しめなLPSサンゴ6選【初心者】今回はLPS入門におすすめのLPSサンゴ達を、「飼育が難しくない」「値段が高価になりすぎない」の2点に注目して選んでみましたので、紹介していきます。...
【レビュー】LPSコーラルペレットは口の大きいLPSにおすすめです今回はLPSサンゴにエサを与えたいときにおすすめの「LPSコーラルペレット」についてジッサイに使ってみた感想を踏まえて紹介します。...
【人工海水】サンゴ飼育におすすめな”高品質”人工海水3選〈ミネラル強化〉今回はサンゴの飼育におすすめな、高品質な人工海水を3種類ご紹介します。...
ABOUT ME
rirutaki
本サイトをご覧頂きありがとうございます。 本サイトは現役大学生のりるとたきの2人で運営しております。 「海」に魅了された2人がみなさまのお役に立てるような記事をお送りできればと試行錯誤の日々です。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA