海水魚の小型水槽におすすめの安くて優秀な水流ポンプ4選!|MarineLovers
水槽お役立ち情報

海水魚の小型水槽におすすめの安くて優秀な水流ポンプ4選!

悩む人
悩む人
海水水槽に水流ポンプがほしい。でも小型水槽用のものが見つからない!
ハタタテ
ハタタテ
じゃあおすすめを紹介していくね!

今回は小型水槽におすすめの水流ポンプを紹介していきます。

本記事でわかること

・小型水槽におすすめの水流ポンプ

小型水槽に必要な水流ポンプの条件とは?

小型水槽の条件

まず、本記事での小型水槽とは、30cmキューブ水槽から45cm水槽くらいまで考えていきます。

我が家の45cm水槽

水流が必要な理由

淡水水槽では水流はあまり重要ではないのですが、海水水槽では水流は非常に大事な要素です。

水流があると魚の美しい体型維持に貢献するほか、ほとんどのサンゴは水流を必要とします。

ちなみに、よく水流が強い水槽の状態のことを「洗濯機状態」と呼びますが、海水水槽においては底砂が舞ってしまわない程度なら洗濯機状態でも何ら問題ありません。

アケボノ
アケボノ
海水魚やサンゴは自然界でそれ以上の水流にいつもさらされているもんね

したがって小型水槽とはいえフィルターからのみの水流では不十分で、別に水流ポンプを設置する必要がでてきます。

▼海水水槽に水流が必要な理由についてはこちら

【水流】海水水槽に水流ポンプが必要な理由!今回は海水水槽になぜ水流が必要なのかについてお話しします。実は水流を作ることで素晴らしいメリットがたくさんあるんです。...

具体的にどのくらいの循環水量がいい?

アケボノ
アケボノ
水流が必要なのはわかったけど、いったいどれくらいの性能の商品を使えばいいの?

経験上、小型水槽であれば、ポンプの循環水量は800L/h〜1000L/hくらいがちょうど良いです。

個人的には水量35Lほどの45cm水槽で850L/hの水流ポンプの水流が「弱い」と感じるほどなので、もう少し強めでも全く問題ありません。

ネットを調べていると30cmキューブ水槽に800L/hが強いという意見をよく目にしますが、水流的には強すぎるわけではないです。

ハタタテ
ハタタテ
ここは好みの部分も大きいよ!

ただナガレハナサンゴなどのゆらゆら系LPSを飼育するなら、直接水流が当たるような場合は強いように感じます。壁に跳ね返った水流が当たるようにすればOKですね。

逆に30cmキューブハイタイプ水槽や45cm水槽には、800L/hはちょうどいいかやや弱いくらいに感じます。

この大きさの水槽では、そこそこ強くはなりますが好みによっては上のモデル(1600L/h〜)の検討もありですね。

ハタタテ
ハタタテ
ちなみに「L/h」は1時間に何リットルの水を送り出せるか、という単位だよ。今回はそんな小型水槽におすすめの水流ポンプを紹介するよ!

おすすめの水流ポンプ

ナプコ マキシジェットウェーブ

ナプコ・リミテッドさんから販売されている小型水流ポンプです。

ウェーブ1(1000L/h)と、ウェーブ2(2000L/h)がありますが、小型水槽におすすめなのはウェーブ1です。

消費電力が2W前後と少なく省エネで、360°のどの方向にも向けられるところがポイントです。

付属のインペラーを付け替えることで50hz、60hzの両方に対応でき、東日本でも西日本でも安心して使用できます。

値段はウェーブ1が3700円ほど、ウェーブ2が4700円ほどです。

▼マキシジェットウェーブ1

▼マキシジェットウェーブ2

ハイドール コラリアナノ

海外のハイドールさんが製作し、エムエムシー企画レッドシー事業部から販売されていて、スタイリッシュな見た目がカッコいい商品です。

900(900L/h)、1600(1600L/h)、2200(2200L/h)の3種類がありますが、小型水槽へのおすすめは900です。

50hz用と60hz用に分かれていて、どれも消費電力は4W前後です。

こちらも360°どの方向にも向けられるため便利です。

値段は4000〜5000円ほどのようです。

スマートウェーブという別売りのユニットを接続することで、動いたり止まったりという間欠運転が可能なところが、ほかの水流ポンプと差別化できている点ですね。

▼コラリアナノ

Coming Soon…

▼接続で間欠運転が可能なスマートウェーブ

シッチェ ボイジャーナノ

イタリアのシッチェさんが製作し、エムエムシー企画レッドシー事業部が販売しています。

1000(1000L/h前後)と、2000(L/h前後)があります。

我が家の45cm水槽で利用しているボイジャーナノ1000

我が家では45cm水槽でこの1000を使用しています。

マキシジェットウェーブによく似た商品で、360°のどの方向にも向けられる点や消費電力もほぼ同じです。

同じイタリア製ですし、意識して作られたのかもしれません。

唯一違う点はこちらはヘルツフリーで50hz、60hzどちらもインペラーの交換なく使用できます。手間が減って便利ですね。

値段は1000が4000円弱、2000が5000円強くらいです。

▼ボイジャーナノ1000

▼ボイジャーナノ2000

ボルクスジャパン ベスタウェーブスリム

ボルクスジャパンさんから販売されていて、ランダム水流が作れることで人気のベスタウェーブシリーズの最も小型タイプのものです。

最大流量は2000L/hで、消費電力は8Wです。もちろんヘルツフリーです。

コントローラー付きで、6パターンの水流プログラムや、10分間だけ水流が停止する給餌モード、夜間に水流を弱める夜間モードなど豊富なモードで水槽内にランダム水流を作り出します。

我が家の60cmワイド水槽ではベスタウェーブの4000L/hのモデルを使用していますが、ひとつだけで水槽内にランダム水流を作り出す優れものです。

ただ30cm水槽で使用するには強いと思います。

しかし45cm水槽で流量を減らして使用すれば複雑な水流を必要とするサンゴの飼育もできちゃいますし、もちろん60cm水槽でも使用可能です。

値段は10000円以上とかなり張りますが、それに見合うだけの性能を持つ小型水槽向け水流ポンプのハイエンドモデルです。

▼ベスタウェーブスリム

まとめ

*海水水槽では水流が大事

*800L/h〜1000L/hくらいの循環水量のポンプがおすすめ

*安価で省エネなのに流量の多い「マキシジェットウェーブ」

*見た目がカッコよく別売りユニット接続で間欠運転が可能な「コラリアナノ」

*マキシジェットのヘルツフリー版「ボイジャーナノ」

*性能が神がかり的な「ベスタウェーブスリム」

今回は小型水槽におすすめの水流ポンプを紹介しました。

個人的には、こだわりがないなら比較的安価で省エネなマキシジェットウェーブ性能を求めるならベスタウェーブスリムをおすすめします。

ここから見た目や流量などで自分に合ったものを選んでいくと良いでしょう。

小型水槽でも水流ポンプを導入することで、サンゴや魚を美しく演出することができます。

ぜひ皆さんもご自身の水槽にあった水流ポンプを導入してみてください!

ABOUT ME
rirutaki
本サイトをご覧頂きありがとうございます。 本サイトは現役大学生のりるとたきの2人で運営しております。 「海」に魅了された2人がみなさまのお役に立てるような記事をお送りできればと試行錯誤の日々です。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA