カクレクマノミはサンゴイソギンチャクに共生する?しやすくする方法も!|MarineLovers
水槽運営する上での疑問

カクレクマノミはサンゴイソギンチャクに共生する?しやすくする方法も!

悩む人
悩む人
カクレクマノミがイソギンチャクに入っている様子が見たい!例えばサンゴイソギンチャクに入ることはある?

ハタタテ
ハタタテ
その辺を解説していくね!

本記事で分かること

・カクレクマノミはサンゴイソギンチャクに入るのか

・自然界でのカクレクマノミとイソギンチャクについて

・入る可能性について

カクレクマノミはサンゴイソギンチャクに入る?

水槽内では…?

ひと言で結論から言うと、

飼育下においては入ることも入らないこともあります。

アケボノ
アケボノ
どういうこと?

例えば、しながわ水族館の水槽ではカクレクマノミはサンゴイソギンチャクに入っていました。

しかし、我が家の水槽ではサンゴイソギンチャクとカクレクマノミを1か月ほど同時に飼育しても、カクレクマノミは一切興味を示しませんでした。

我が家で飼育していたサンゴイソギンチャク
ハタタテ
ハタタテ
それどころか、我が家ではカクレクマノミはサンゴイソギンチャクを差し置いてウミキノコに入っていたよ

このように、飼育下ではカクレクマノミがサンゴイソギンチャクに入るかどうかというのは、はっきり言って飼ってみないとわからないくらい五分五分です。

自然界では…?

自然界でのカクレクマノミは、サンゴイソギンチャクに入ることはありません。

クマノミの仲間が共生するイソギンチャクは種ごとにほぼ決まっています。野生のカクレクマノミが共生するのは、ハタゴイソギンチャクかセンジュイソギンチャクです。

ハタゴイソギンチャクに入るカクレクマノミ。宮古島で撮影
こちらはセンジュイソギンチャクに入るカクレクマノミ。慶良間諸島で撮影

逆に、自然界でサンゴイソギンチャクに入ることが多い種類は「カクレクマノミ」ではなく「クマノミ」です。

こちらも慶良間諸島で撮影。サンゴイソギンチャクに入るクマノミ
ハタタテ
ハタタテ
カクレクマノミがサンゴイソギンチャクに入るのは水槽内に限った話なんだ
アケボノ
アケボノ
じゃあどうして水槽内では入るの?
ハタタテ
ハタタテ
その理由と一緒に、入りやすくする方法も解説していくね

サンゴイソギンに入りやすくする方法

ではカクレクマノミがサンゴイソギンチャクに入りやすくする方法を考えていきます。

水槽内にそれしか入れそうなものがない状況

カクレクマノミには「イソギンチャクと共生する本能」があるらしく、何か長くてうねうねしているものに体が覆われている状況が落ち着くみたいです。

したがって、水槽内に入れそうなものがそれしかない状況があると、仕方なく入ることもあるようです。

しながわ水族館の共生水槽

上でも紹介したこのしながわ水族館の水槽では、カクレクマノミが「大きな水槽に大きなサンゴイソギンが複数いる」という、もうそれに入るしかないような環境で飼育されていました。

ウミキノコに入るカクレクマノミ。鳥羽水族館で撮影

また鳥羽水族館では入館してすぐのところにある大型サンゴ水槽に超巨大なウミキノコがあり、それにはカクレクマノミが数匹入っていました。

一応その下に申し訳程度にイボハタゴイソギンチャク(※推測です/野生下ではトウアカクマノミと共生)がありましたが、そちらには見向きもしていませんでした。

このように、水槽内では「もうそれに入るしかないという状況」を作れれば、カクレクマノミがサンゴイソギンチャクに入る可能性を上げられるでしょう。

実際に水槽の引っ越しの際にまだウミキノコと共生していないカクレクマノミと、ウミキノコを一緒にバケツに隔離したらその時だけウミキノコに入った、ということがありました(引っ越し先の水槽に入れたら出ちゃいましたが)。

ハタタテ
ハタタテ
具体的には大きめのサンゴイソギンチャクを導入して、カクレクマノミの視界によく入るようにするといった感じだね
アケボノ
アケボノ
水槽内はカクレクマノミと単純な岩組のライブロックと大きなサンゴイソギンチャクだけ、って状況ならより確率が高そうだね

たしか我が家でサンゴイソギンチャクを導入したときの状況は、60cm水槽に5cmくらいのとても小さなサンゴイソギンチャクを導入したうえ、ほかにかなり大きなウミキノコがあったのでイソギンチャクに入る必要性が感じられなかったのかもしれません。

脅威となる生体の存在

カクレクマノミは自分の身を守るためにイソギンチャクと共生しているわけですから、逆に天敵のいない水槽内ではイソギンチャクに入る必要が、安全管理的な観点ではありません。

共生は本能なので、安全かどうかはあまり関係なく起こるはずですが「水槽内で」「サンゴイソギンチャクに」という状況を考えると、カクレクマノミが「あのイソギンはなんか違うけど…危険だからとりあえず隠れよう」という感じで入るのかなといった感じです。

逆に言えば水槽内にカクレクマノミにとって脅威になりうる生体(≒体の大きな生体)がいれば、イソギンチャクに入る可能性も上がるでしょう。

我が家ではカクレクマノミがウミキノコにまだ入っていない時期でも、水槽に手を入れるとカクレが脅威を感じてかウミキノコに体をすりつけるということもありました。

生体の導入によってそんな風に脅威を多少感じさせてやると良いかもしれません。

おすすめは体は大きくても協調性があるヤッコの仲間や、ハギ類ヒフキアイゴなどです。

おすすめはヒフキアイゴですね。非常に協調性が高いので入れた後に問題が起きにくく、なによりヒフキアイゴ自体がカワイイです!

ヒフキアイゴの飼育法と注意点!カワイイひれには毒がある?今回はおちょぼ口と派手な黄色がかわいいヒフキアイゴの飼育法についてお話しします。...

時間がかかる可能性もあるので待つ

ハタゴイソギンチャクが水槽にあると、カクレクマノミは「あれは絶対そう!!」みたいな感じで、比較的すぐに共生します(それでも我が家の個体はブリードだったからか1か月くらいかかった)。

多くの場合はハタゴならカクレクマノミは速攻で入るみたいです。

しかしサンゴイソギンチャクなどの、ハタゴやセンジュ以外のイソギンチャクやサンゴだとそうもいきません。

共生する場合でもかなり時間がかかる場合が多いようです。例えば我が家でウミキノコに入っていたカクレクマノミは、入るまでに4か月かかりました。

そのため、時間がかかっても根気よく待ちましょう。

一応目安は、もしカクレクマノミがイソギンチャクにヒレでちょんっと触るような動作や、近くを泳いで興味があるような動作があれば共生までもうすぐな状況です。

これは共生前に見られる特有の動作のようです。

※「サンゴとサンゴ礁のはなし 南の海の不思議な生態系」本川達雄 著 より

ハタタテ
ハタタテ
我が家でもウミキノコやハタゴとの共生前にはそんな動作が見られたよ

ただ、個体によってはサンゴイソギンチャクでも速攻で入ったり前日まで興味がなかったのに朝起きたら急に入っていたりといったこともあるようです。

それでも入らないことも…

ぶっちゃけ、ここまでやっても入らないことはままあります。

例えば、これはめっちゃ面白かったのですが、2021年3月に閉館してしまった志摩マリンランドで飼育されていたカクレクマノミは、同じ水槽にイソギンチャクがあるにもかかわらずモサモサのコケの中でモフモフしていました。

コケの中でうっとり。彼らはみんな東海大学海洋科学博物館から譲り受けた個体とのこと
アケボノ
アケボノ
ひどすぎるwww

というわけで、結局のところサンゴイソギンチャクに入るかどうかは個体次第というか、運の部分が大きいです。

入る個体はすぐに入りますし、そうでない個体はいつまでたっても入りません。

さらに言うとサンゴイソギンチャクは移動しまくったりなど意外と気難しい部分もあるので、クーラーさえあれば飼育の簡単なウミキノコにカクレクマノミが入ることに期待するのも手段のひとつです。

ウミキノコはどんなサンゴ?飼育法と注意点!【水質・光・水流・エサ・増やし方】ウミキノコはサンゴ飼育の入門としても紹介されることが多いサンゴで、ユニークな見た目が面白いですよね。今回はそんなウミキノコの飼育法と注意点についてお話しします。...
カクレクマノミはウミキノコに入る?入りやすくする方法も解説カクレクマノミはウミキノコに入るのか?この記事では誰もが思うそんな疑問にお答えしつつ、カクレクマノミがウミキノコに入りやすくなるコツもお話しします!...

また、ハタゴイソギンチャクは飼育が難しいといわれるので敬遠しがちですが、あくまで私の観察と経験上においては、しっかりとしたライトさえ確保できればあまり難しいとは感じません。

このときの水深は干潮時だったので30cm。そのような水深では環境変化はとても激しいので、ハタゴは環境変化に強いと考えられる

ハタゴが難しいといわれがちなのはおそらく採取時や運搬時の悪影響が大きいのだと考えられます。

調子のよい個体を導入できれば意外と簡単に飼育できたりもするので、どうしてもカクレクマノミの共生が見たい方は検討してみてください!

ハタタテ
ハタタテ
ハタゴならかかる時間はともかく、いずれは絶対に入るよ!

最後にもう一つだけ補足をすると、今まで入っていないかった個体でも、別の個体が入っている様子を見るとつられて入ることもあります。

我が家でカクレクマノミがハタゴに共生したときは、同時に飼育していたブラックオセラリスが先にハタゴに入り、それを見たカクレがオセラリスを追い出してハタゴを陣取りました。

カクレクマノミである限りイソギンチャクに共生したい本能はありますので、それをどうにか刺激できれば入る確率は上がるのかもしれませんね。

まとめ

*カクレクマノミはサンゴイソギンチャクに入ることも入らないこともある

*自然界では入ることはないが、水槽内では入ることもある

*それに入るしかない状況だと入ることも

*脅威の有無も入るかどうかに関係していると考えられる

*入るとしてもそれまでには時間がかかることが多い

*ここまでやっても入らないことも…

カクレクマノミがイソギンチャクに入っている様子はとってもかわいいですが、ハタゴやセンジュでないイソギンチャクではなかなかうまくいかないこともあります。

それでも飼育下であれば入ってくれる可能性はありますので、何とかその様子を見れるとうれしいですね!

▼サンゴイソギンチャクの飼育法はこちら

サンゴイソギンチャクの飼育法と注意点!イソギンチャク入門種!イソギンチャク入門にもおすすめされるサンゴイソギンチャクですが、いくつか注意点もあります。それらを踏まえてサンゴイソギンチャクの飼育法についてお話しします。...
ABOUT ME
rirutaki
本サイトをご覧頂きありがとうございます。 本サイトは現役大学生のりるとたきの2人で運営しております。 「海」に魅了された2人がみなさまのお役に立てるような記事をお送りできればと試行錯誤の日々です。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA