バブルコーラル(ミズタマサンゴ)はどんなサンゴ?飼育法と注意点!【水質・光・水流・エサ・増やし方】|MarineLovers
サンゴ飼育

バブルコーラル(ミズタマサンゴ)はどんなサンゴ?飼育法と注意点!【水質・光・水流・エサ・増やし方】

悩む人
悩む人
バブルコーラルの飼育法が知りたい!
ハタタテ
ハタタテ
見た目がかわいくて飼育も簡単なLPSだね

バブルコーラル(ミズタマサンゴ)はハードコーラルの仲間で、美しい色合いが人気のサンゴです。

今回はバブルコーラルの飼育法とその際の注意点についてお話しします。

実はバブルコーラルはLPSの中でも飼育の難易度が低めで、初心者さんにもとってもおすすめできるサンゴなんです!

本記事で分かること

・バブルコーラルの特徴

・バブルコーラルの飼育に必要な環境

・バブルコーラルの飼育法

・飼育の注意点

バブルコーラルの飼育早見表

バブルコーラルの飼育難易度についてまとめてみました。星の数が多いほど難易度や必要性が高く、少ないほど簡単になっていきます。

成長・増殖については星の数が少ないほどしやすいです。

水質 ★★☆☆☆
★★☆☆☆
水流 ★★☆☆☆
エサ ★★☆☆☆
毒性 ★★★★☆
成長・増殖 ★★☆☆☆
総合飼育難易度 ★★☆☆☆

バブルコーラルの特徴

見た目

バブルコーラルはポリプの大きなハードコーラルの仲間(LPSといいます)です。

ミズタマサンゴとも呼ばれ、その名の通り泡のような器官を海水で大きく膨らませます。

アケボノ
アケボノ
ぽよぽよとした見た目がかわいいね

私は見たことがありませんが、バブルコーラルシュリンプという共生エビが住んでいることもあるようです。

色の違いについて

色彩はホワイト、グリーン、パープルなどがあります。バブルの中に一筋の太いラインが入ったキャッツアイというものもあります。

先ほどの写真は我が家で飼育しているもので、グリーンが美しい個体です。

色によって飼育難易度に違いはありません。

ハタタテ
ハタタテ
色の違いも楽しめる!

▼グリーンのもの

▼キャツアイ気味のもの

バブルコーラルを入手する

値段はサイズやカラーにもよりますが、多くは1つ5千円〜1万数千円程度です。色が美しく大きな個体ほど高くなる傾向があります。

ちなみに、先ほどの私の飼育している個体は1万円弱ほどでした。グリーンのカラーと個体の大きさで、高めの値段設定だったようです。

バブルコーラルの飼育について

水槽

大きい水槽を必要としないため、30cmキューブ水槽程度で充分に飼育できます。

成長は、私が感じるようなものはしていません。少なくとも成長は早くないため、小さいままの水槽でも十分に飼育できます。

水質

硝酸塩に対する耐性は高いです。2、30ppm出ているだけなら全く問題ありませんし、私の飼育している個体は50ppm出ている状態でも平気でした。

ただ「色の良さ」という観点で考えたときには、硝酸塩が少ない環境のほうが良くなるようです。

ハタタテ
ハタタテ
硝酸塩などの水質悪化には強いから、初心者さんにもおすすめだよ

ろ過方式は特に問いません。外掛けフィルターや外部フィルターで十分に飼育できます。

▼水槽のろ過を担うフィルターについてはこちら

【海水水槽】フィルターの選び方!選ぶ時に見るポイントは?海水水槽を始めるとき、フィルターを何にすればよいのか迷いますよね。今回はそんな疑問にお答えして、フィルターを選ぶ基準やそれぞれの方式の特徴、最終的に何を選べばよいのかについて解説します。...

ただハードコーラルということもあり、要求する成分がソフトコーラルよりも多いです。

そのため適度な水替えや、添加剤の使用もおすすめです。

おすすめの添加剤は「パープルアップ」です。石灰藻の成長促進を目的に作られた添加剤ですが、石灰藻に必要な成分はサンゴにも必要なので、添加によってサンゴにとってより望ましい成分にすることができます。

▼パープルアップの使用感についてはこちら

パープルアップをレビュー!手軽にヨウ素補給。石灰藻は?パープルアップで石灰藻は増えるのか。今回はそんな皆さんが持つであろう疑問を私の水槽で検証してみましたので、結果を報告いたします。...

水温

水温は25℃前後で管理するとよいです。

サンゴや魚にとって必要以上の低水温・高水温はストレスになりますので、冬場はヒーター、夏場はクーラーでの管理をおすすめします。

▼水槽用のクーラーについて知りたい方はこちら

【海水水槽】水温を安定させよう!水槽用ヒーター・クーラーの選び方水槽用のヒーターやクーラーで水温を管理したい!でもどれを選べばいいのかわからない。そんな方もいると思います。今回はそんな疑問にお答えしつつ、おすすめのヒーターやクーラーを紹介します。...

バブルコーラルは光合成をするので、飼育にはライトが必要です。

ただ光量の大きいメタハラなどのライトは必要なく、強い光は必要ありません。ある程度のLEDライトでも問題なく飼育できます。

この個体はそんなに光が当たらないであろう、海中の崖の中ほどに生息していた。沖縄本島・北谷町の「砂辺No.1」で撮影

青系のライトをしっかりと当ててやると、バブルコーラルの美しさが引き立てられます。

ハタタテ
ハタタテ
青色が強いライトがおすすめだよ!

▼ソフトコーラルの飼育におすすめのLEDライトについてはこちらでさらに詳しくお話ししています。この記事はソフトコーラルにおすすめのライトですが、バブルコーラルも同じく考えることができます。

【照明】ソフトコーラルの飼育・成長促進におすすめのLEDライト7選ソフトコーラルを飼育したいけど、どんなライトを使えばいいのかわからない。そんなときにおすすめなLEDライトを7つ紹介していきます。...

水流

強い水流は必要ありません。

デトリタスがたまらないくらいのゆったりとした水流で構いません。

適度なゆるい水流がよいです。水槽の壁や水面にあたって拡散された水流が優しく当たるくらいの位置に置くのがおすすめです。

コントローラー付きのウェーブポンプがひとつあれば水槽の水流問題が解決しますので、おすすめです。

▼おすすめはこちらの「ベスタウェーブ」です。

少々高価ですが、6段階の強さ調節と4種類の運転モード、さらに10分間水流を止める給餌モードや、夜間に水流を弱める夜間モードなどがあり、60cmワイドくらいまでの水槽ならこれひとつでなんでもできてしまいます。

私も利用しています。

餌は与えれば食べますが、無理して与えるほど必要性が高いわけではないと感じます。

私はたまに他のサンゴに給餌するついでに与えるくらいです。

ハタタテ
ハタタテ
与えるとバブルをちぢめて食べる様子が見られるよ
バブルを縮めてカミハタさんの「ターゲットフード」を吸収中のバブルコーラル
ヤドカリの脱皮殻を食べるバブルコーラル。この後すべて飲み込んでしまった
アケボノ
アケボノ
ええ!こんなこともあるの??
ハタタテ
ハタタテ
見たときは肝を冷やしたけど脱皮殻でよかったよ。ヤドカリの殻の下のバブルが破けているように見えるけど、しばらくすると元に戻っていたよ

こんな風に、必要性は大きくないもののしっかりと餌は食べます。

▼バイタリス LPSコーラルペレットはLPS用の粒餌。バブルコーラルに直接給餌するならもっともおすすめ。ポリプの上に落としてやれば喜んで食べる。

▼カミハタ ターゲットフードはサンゴやイソギンチャク用のジェル状フード。バブルコーラルのポリプに垂らしてやればよく食べる。

▼ターゲットフードを実際に与えてみた様子がこちら

カミハタ ターゲットフードをレビュー!狙ったサンゴにあげやすいゲル状フード今回はサンゴや、イソギンチャクなどの無脊椎動物におすすめなゲル状フードであるターゲットフード実際に使ってみたので、紹介していきます。...

▼リーフエナジーはサンゴ用の液体フードで、水槽に規定量を入れるだけで給餌可能。優秀なサンゴフードで、定期的に添加することでサンゴの成長スピードが速まる。値段も高くないのでおすすめ。サンゴに直接ぶっかけるターゲット給餌がとても楽しい。

▼リーフエナジーの使用感についてはこちら

リーフエナジープラス(AB+)使ってみた!効果はある?リーフエナジープラスは有名なサンゴフードです。今回はリーフエナジープラスの効果や、水槽への影響について、実際に使ってみれのレビューをしていきます。...

なお、ここまで紹介したサンゴフードでなくても、海水魚の餌をバブルコーラルの上に落としてやるだけでもよく食べます。

「サンゴフードをすぐに用意できない!」というときにおすすめです。

成長しやすさ

正直、実感できるような我が家の水槽では成長はほぼしません。

環境が合えば十分に成長するようです。我が家ではただ底砂の上に置いているだけなので安定しないのもあると思います。

バブルコーラルに限らず、サンゴを成長させたい場合はきちんと活着させたほうが良いように感じます。

水替え

水替えは怠らないようにしましょう。

水替えによってバブルコーラルに必要な水中の微量成分の補給と硝酸塩の除去を行えるからです。

水替えについては水槽の大きさや飼育している魚の匹数にもよりますが、大体1週間に水槽の水量の10%程度の水替えがおすすめです。硝酸塩については、安価なものでもよいので試験紙などを購入し、測定をすることがおすすめです。

▼試験紙タイプのもの。結果は大雑把ですが、値段は安価で目安には十分、縦半分に切って使えば50回使えるなど、コスパは最強です。

▼試薬タイプのもの。値段は高いですがかなり正確に測れます。ステップアップにおすすめです。

▼硝酸塩について、またそれを減らす方法についてはこちら

【海水水槽】硝酸塩が減らないときの対策5選海水水槽の硝酸塩がどうしても減らない時ってありますよね、今回はそんなときの対策法についてお話しします。...

飼育の注意点

チョウチョウウオやヤッコとの飼育には注意

チョウチョウウオ類やヤッコ類には、サンゴを食べてしまうものもいます。

混泳は一部の属を除いて基本的にできませんので、事前のチェックが必要です。

ヤドカリに乗られたり落とされたりすることもある

海水水槽でよく飼育されるヤドカリはサンゴの上に乗ったり、歩く過程でサンゴを落としてしまったりすることがよくあります。

これらはサンゴにとって当然ストレスになるため、よいとは言えません。

ヤドカリと混泳する場合は少し注意が必要ですが、もしヤドカリに乗られて一旦ポリプが閉じてもヤドカリが降りれば元に戻るので、ずーっと乗り続けられてしまうといったことでない限りは心配いりません。

ただここの部分はソフトコーラルよりも繊細なため、よく落とされたり乗られたりする場合は安全な場所にアクアリウム用の接着剤を使って接着したほうが良いです。

▼アクアリウムグルーはシンプルで使いやすいアクアリウム用の接着剤

毒性:強い。接触に注意!

強力な毒性があります。ほかのサンゴと接触するとダメージを与えてしまう可能性があります。

さらに、特にバブルコーラルは夜になるとバブルを縮め、スイーパー触手という別の触手を伸ばします。

スイーパー触手を伸ばすバブルコーラル

この触手は強力な刺胞を備えているため他のサンゴに触れると危険です。この触手はそこそこ伸びるので、バブルコーラルのすぐ隣に溶かしたくないサンゴを置くことは避けるべきです。

サンゴに共通して言えることですが、他のサンゴとの接触には注意しましょう。

扱いは丁寧に

これも他のサンゴと同様といえばそうですが、大きく膨らんだバブルが傷ついてしまうと調子を崩してしまう可能性があります。

扱う際は傷がつかないように丁寧に扱いましょう。

ちなみに先ほどヤドカリの殻を食べた件のところで書きましたが、少し傷つくくらいなら問題なく治るようです。

まとめ

バブルコーラルの口のアップ写真

*水質悪化にはかなり強い

*小型水槽でも充分に飼える

*水温は25度が安定

*餌は与えると食べるが必要性は高くない

*光量はあまり必要ない。青系のライトだと美しく輝く

*チョウチョウウオ類、ヤッコ類、ヤドカリの混泳には注意

*強い毒性を持つ。他のサンゴとの接触に注意

バブルコーラルは飼育も簡単で美しく、水質耐性も高いためLPS入門に非常におすすめな種です。

初心者さんでも比較的簡単に飼育できるので迷っている方はぜひ飼育してみてください!

ABOUT ME
rirutaki
本サイトをご覧頂きありがとうございます。 本サイトは現役大学生のりるとたきの2人で運営しております。 「海」に魅了された2人がみなさまのお役に立てるような記事をお送りできればと試行錯誤の日々です。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA