【ライブロックとは】良いライブロックの見分け方はこれ!おすすめの通販も紹介|MarineLovers
水槽お役立ち情報

【ライブロックとは】良いライブロックの見分け方はこれ!おすすめの通販も紹介

悩む人
悩む人
海水魚飼育を始めたくて調べているんだけど、ライブロックって、なんなの?
ハタタテ
ハタタテ
ライブロックは海水水槽の環境を整えるために必要なんだよ!

今回は、ライブロックについてお話しします。

本記事で分かること

・ライブロックとは

・海水水槽にライブロックが必要な理由

・ライブロックの値段、入手法

・いいライブロックの見分け方

ライブロックとは

ライブロックは、一言で言えばその名の通り「生きた岩」です。

主にサンゴの死骸が風化してできた石灰質の岩に、石灰藻(赤や紫の藻)やその他の海藻、ケヤリムシやカイメンなど、様々な生き物が付着した物です。

多孔質(穴がたくさん空いている)で、そこには生物ろ過に貢献してくれるバクテリアが無数に生息しています。

ライブロックが必要な理由

バクテリア

海水中ではバクテリアが繁殖しにくいため、ライブロックなしでの立ち上げには時間がかかってしまいますし、生物層も限られてしまいます。

しかしライブロックを入れれば、そこから有用なバクテリアが水槽内に拡散してろ材などにも定着し、増殖を始めます。

したがって海水水槽の速やかで安定した立ち上げのためには、このライブロックの投入が必要なのです。

レイアウトが楽

ライブロックは元サンゴの骨格ということもあり、水槽にそのまま重ねて置いたりするだけで様になるレイアウトが可能です。

我が家では山型のレイアウトを採用。雑に重ねただけでもなんだかさまになっている?

サンゴの置き場・魚の隠れ家

ライブロックの上にサンゴを置けば、それだけでサンゴ水槽の完成です。ライブロックはお手軽な土台になってくれるのです。

またそのゴツゴツとした形からたくさんの隙間があり、魚やその他の生物の隠れ家にもなります。

まさに一石三鳥の便利グッズだといえるでしょう。

いいライブロックの見分け方

アケボノ
アケボノ
良いライブロックはどう選べばいいの?
ハタタテ
ハタタテ
一言で言えば「軽さ」と「臭い」だよ!

いいライブロックの見分け方はふたつあります。

「軽さ」「臭い」

です。

軽さ

ライブロックは多孔質だといいましたが、多孔質であればあるほど内部にバクテリアがたくさん付着しており、ろ過に貢献してくれます。

多孔質ということは空洞がたくさんあって軽いため、手に持った時に軽ければ軽いほどいいライブロックだと言えます。

ハタタテ
ハタタテ
いいお店だと実際に手に持って確認させてくれたりもするから、自分で確認してみるのがおすすめ!

臭い

また臭いについては、腐ったような臭いドブのような臭いがするライブロックは付着生物の死滅により腐ってしまっています。

このようなライブロックは水槽に入れてしまうと悪影響をもたらしてしまうので選んではいけません。

選ぶべきライブロックの臭いは「かすかに磯のにおいがする」ライブロックです。

良質なライブロックはかすかに磯のにおいがします。

この磯のにおいは「硫化ジメチル」という成分によるもので、海の生態系がきちんと成り立っている証拠でもあります。

「色」は勘違い

「石灰藻が多く紫色であればあるほど良いライブロックである」と言われることもあります。

しかし紫色でないライブロックにもバクテリアはたくさんついているため、ライブロックの色はろ過能力には関係ありません。

見た目に関しては石灰藻がついている方がいいですが、石灰藻で完全に覆われてしまうとライブロック(バクテリア)が呼吸できずに死んでしまうと言う話もあります。

逆に、真っ白いものは付着生物が少なくバクテリアもあまりいないと思われるので、真っ白いものは避けるべきです。

ハタタテ
ハタタテ
ライブロックの質においては石灰藻の多さにこだわる必要はないよ
アケボノ
アケボノ
石灰藻が多いと見た目は確かにいいから、好みで選ぶとよさそう

▼石灰藻が多いライブロック

ライブロックの入手法

ライブロックは海水魚を取り扱っているショップなら必ず取り扱っています。

もちろん通販でも手に入ります。

値段の相場は1kg3000円と結構値段が張ります。

アケボノ
アケボノ
高くない?
ハタタテ
ハタタテ
ライブロックはそれだけ貴重で有用ってことだね。日本では法律で採取できないのも大きいかも…

おすすめのショップ

スプラッシュ

私が思うおすすめは、スプラッシュさんの枝状ライブロックです。

私が最初に立ち上げた水槽。30cmキューブ水槽に2㎏のライブロックでこのくらい

スプラッシュさんのライブロックは準枝状ともいえるライブロックで、完全な木の枝のような見た目ではなくゴツゴツとした岩と枝が混ざったような形をしています。

非常にレイアウトしやすく、付着生物も多いです。また石灰藻の付着も多く見た目も優れています。

私が購入したライブロックにはウミキノコと、ハナガタサンゴのようなサンゴまでついていました。

ライブロックについていたウミキノコのようなサンゴ。最近になって初登場
スプラッシュさんのライブロックに付着していたハナガタサンゴ?のようなもの。現在も成長中

値段は1kg3000円ほどです。

スプラッシュさんの通販サイトはこちら

チャーム

また、ライブロック使用先の明確な目的があったり、石灰藻が欲しい場合は、チャームさんのライブロックがおすすめです。

チャームさんではライブロックのグレードが細かく分けられており、ニーズと予算に応じて柔軟に選ぶことが可能です。

主に石灰藻の付着度合いによって分けられていて、ほとんど付着がない「ベースロック」から「Bグレード」「Sグレード」、かなりの面積が石灰藻に覆われている「EXSグレード」まであります。

▼ベースロック

(海水魚)ベースロック SSサイズ(300g)(形状お任せ) 北海道航空便要保温

▼Bグレード

▼Sグレード

▼EXSグレード

値段は石灰藻が多いほど高いですが、どれも付着生物やバクテリアに違いはなくろ過能力は同等です。

おすすめは安価なグレードで必要な分をそろえ、ひとつだけ「EXSグレード」のような石灰藻が多いものを購入してそこから石灰藻を繁殖させる方法です。

また「30cm水槽セット」「60cm水槽セット」など必要な分をすでにそろえてくれているセットも販売されているので、手間を減らしたい場合には非常におすすめです。

▼30cmキューブ水槽セット

▼30cmキューブ水槽セット(Sグレード)

▼30cm水槽アーチセット。アーチを作りやすい形状のものを集めてくれています。

▼60cm水槽セット

▼60cm水槽セット(Sグレード)

▼石灰藻の増やし方

石灰藻の増やし方のポイント5選!水流が意外と大事。石灰藻の増やし方はどのようにすればいいのか。石灰藻の生態を踏まえてポイントをお話しします。...

まとめ

*ライブロックはサンゴの死骸にたくさんの生き物が付着したもの

*海水水槽の立ち上げにおいての重要アイテム

*積み上げるだけで本格レイアウトが可能

*ライブロックを見分けるポイントは軽さと臭い

*品質重視ならスプラッシュさんのライブロックがおすすめ

*明確な目的や石灰藻目的ならチャームさんのライブロックがおすすめ

ライブロックは利用することで海水水槽の立ち上げとレイアウトが楽になるので、ぜひとも利用することをおすすめします!

皆さんがよいアクアリウムライフを過ごせますように。

▼ライブロックの量とレイアウトについて

ライブロックの量と組み方について。「~~~」を意識しよう!今回は海水水槽に入れるライブロックの量はどのくらいにすればよいのか、またレイアウトはどんな風に組めばいいのかについて、例を交えながらお話しします。...
ABOUT ME
rirutaki
本サイトをご覧頂きありがとうございます。 本サイトは現役大学生のりるとたきの2人で運営しております。 「海」に魅了された2人がみなさまのお役に立てるような記事をお送りできればと試行錯誤の日々です。