アカツメサンゴヤドカリの飼育法と注意点!チャーミングなつま先がカワイイ!|MarineLovers
無脊椎動物(海水)

アカツメサンゴヤドカリの飼育法と注意点!チャーミングなつま先がカワイイ!

悩む人
悩む人
アカツメサンゴヤドカリの飼育法が知りたい!
ハタタテ
ハタタテ
OK!紹介するね

今回はつま先の模様がチャーミングでカワイイ「アカツメサンゴヤドカリ」の飼育法と注意点をご紹介します。

本記事で分かること

・アカツメサンゴヤドカリの特徴

・飼育に必要な環境

・飼育法

・飼育の注意点

アカツメサンゴヤドカリの飼育まとめ

アカツメサンゴヤドカリの飼育について簡単にまとめてみました。

水槽の大きさ 20cm水槽~
環境変化に強いかどうか 強い
水温 25℃
食性/おすすめエサ 雑食性/特に与える必要はない
性格 わんぱく
魚との混泳の相性 他種:甲殻類を好む魚類には注意が必要 同種:問題なし
サンゴとの相性 乗られることにやや注意
特記事項 なし
総合飼育難易度 ★☆☆☆☆

これらについてこの先でお話ししていきます。

アカツメサンゴヤドカリの特徴

沖縄・北谷町の砂辺No.1でのダイビングで撮影したアカツメサンゴヤドカリ

見た目

大きさは最大で数センチほどになります。

白ベースの体で、つま先のオレンジ色がチャーミングでかわいいです。

性格

ヤドカリの中では温和な性格をしています。

しかしそのため、ユビワサンゴヤドカリやスベスベサンゴヤドカリなどの強い性格をしたヤドカリとの混泳にはやや注意が必要です。

アカツメサンゴヤドカリを購入する

アカツメサンゴヤドカリは海水魚を販売しているショップや通販などで購入できます。

入荷は多く、海水魚を扱っているショップなら比較的簡単に入手できます。値段は1匹1000~1500円くらいの場合が多いです。

アカツメサンゴヤドカリの飼育について

必要な水槽の大きさ

アカツメサンゴヤドカリの大きさは最大で数cmほどです。

特に水槽にこだわりは必要なく海水魚を飼育している水槽に普通に入れちゃって大丈夫です。

アケボノ
アケボノ
なるほど

エサについて。コケは食べる?

エサについては特別にヤドカリのために与える必要はありません。雑食性なので、魚のエサの食べ残しやコケなどを自由気ままに食べています。

ただ、期待される「コケ取り能力」に関してはあまり高くないです。もさもさのやわらかいコケは割と食べますが、なんせ小食なので1匹でコケを殲滅する能力はありません。

コケ取りのためにヤドカリを導入するのなら、ちっちゃめなヤドカリを数十匹単位でたくさん導入するのがおすすめですね。

▼もさもさのコケ取りにはちびヤドカリの大量導入がおすすめ

混泳について

他種混泳について

甲殻類を好んで食べる魚類(ベラやフグなど)との混泳には多少の注意が必要です。

人気のカクレクマノミや、ハギ類、ハゼ類、ハナダイなどの多くの魚とは問題なく組み合わせられます。

ただヤドカリが食べられたという話はあまり聞かないので気をつけすぎる必要はありません。

ただ、ヤドカリ同士の混泳には注意が必要です。

アカツメサンゴヤドカリは温厚な方のヤドカリなので、性格が強い「ユビワサンゴヤドカリ」や「スベスベサンゴヤドカリ」などとの混泳をしてしまうと、いじめられて負けてしまう可能性があります。

また後述しますが、ヤドカリ同士は宿替えをするための貝殻がないとほかのヤドカリから奪う危険性があるので、貝殻はしっかり用意してあげる必要があります。

ハタタテ
ハタタテ
ヤドカリの性格は購入前にしっかりチェックしておこう!

同種混泳について

基本的に問題ありません。

サンゴとの混泳について

基本的に可能です。

ただアカツメサンゴヤドカリは自然界でもミドリイシなどの隙間に入る習性があるので、水槽内でもサンゴに登ろうとします。

砂辺No.1でのダイビングで撮影したアカツメサンゴヤドカリ。サンゴの隙間に入っている

ミドリイシなどのSPSなら登られても問題ないかと思うのですが、ソフトコーラルやLPSの上に登られてしまうとポリプを閉じさせたり縮ませてしまう原因になると思うので多少注意が必要です。

ただそれが原因でサンゴが死んでしまうことはまずないので、そこまで心配しなくてもいいかもしれません。

アカツメサンゴヤドカリは環境変化に強い?

とても丈夫です。

水質の悪化や温度変化などの悪条件・環境変化にも強めですが、甲殻類なので急激すぎる水質・水温の変化には注意が必要です。

ろ過について

一般的な海水魚魚が飼育できるくらいの水質が用意できれば問題ありません。

▼水槽のろ過を担うフィルターについてはこちらで詳しく解説しています。

【海水水槽】フィルターの選び方!選ぶ時に見るポイントは?海水水槽を始めるとき、フィルターを何にすればよいのか迷いますよね。今回はそんな疑問にお答えして、フィルターを選ぶ基準やそれぞれの方式の特徴、最終的に何を選べばよいのかについて解説します。...

水温について

適切な水温は25℃です!

この値をキープできるように、ヒーターやクーラーで管理しましょう。1日での変化量が大きかったりすると弱ってしまう可能性もあるので、なるべく変化させないようにするのが基本です。

ハタタテ
ハタタテ
水温が安定していると僕らも元気にすごせるよ!

▼水槽用のヒーター・クーラーについてはこちらで詳しく解説しています

【海水水槽】水温を安定させよう!水槽用ヒーター・クーラーの選び方水槽用のヒーターやクーラーで水温を管理したい!でもどれを選べばいいのかわからない。そんな方もいると思います。今回はそんな疑問にお答えしつつ、おすすめのヒーターやクーラーを紹介します。...

水換え

水換えは怠らないようにしましょう。丈夫なアカツメサンゴヤドカリとはいえ、汚れきった水では長生きできません。

また、甲殻類の脱皮に必要な「ヨウ素」の補給も水換えで行えます。

目安は週に1回水槽の水量の10%程度です。2週に1回20%でももちろんかまいません。あまり大量に水換えしてしまうと環境変化が大きくなってしまうので、なるべくこまめに水換えしましょう。

飼育の注意点

ヤドを用意してあげよう!

貝殻はヤドカリにとってのお家です。替えの貝殻はきちんと用意してあげましょう。

ヤドがないと同居している貝などを襲って貝殻を奪ってしまうことがあります。アカツメサンゴヤドカリは温厚なため、ヤドさえきちんと用意していればそのようなことはありません。

ただし複数匹ヤドカリを飼育していると、きちんとヤドを用意しないと喧嘩になって最悪の結果を生むこともあります。ヤドの用意は必須といえます。

▼ヤドカリ同士の混泳について

【海水水槽】ヤドカリ同士の混泳は簡単?気をつけるべきポイントヤドカリは一見マスコット的なかわいさがあって愛らしいですが、種類の条件によってはヤドカリ同士の喧嘩や、貝類に襲い掛かったりする可能性もあるんです。今回はそんなヤドカリ同士の混泳や喧嘩を減らす方法についてもお話しします。...

用意する貝殻の大きさはヤドカリが現在背負っている貝殻と同じか、それより大きなものを多めに用意してやると良いです。

貝殻は海で拾っても良いですし、ヤドカリの貝殻として売られているものを買っても良いです。

脱皮について。ヨウ素が重要

ヤドカリは、数ヶ月に一度突然脱皮します。

脱皮前や脱皮後に手を出すと脱皮に失敗したり、まだ柔らかい体が変な固まり方をしてしまうことがあります。脱皮しているのを見かけたらしばらくそっとしてあげましょう。

ハタタテ
ハタタテ
ある日突然抜け殻が落ちていて「死骸が転がってる?!」と、脱皮だとわかっていてもヒヤヒヤするよ(笑)

ちなみに、脱皮にはヨウ素が関係しているようです。

水槽内のヨウ素が少ないと脱皮が失敗しやすくなります。ジッサイ我が家ではヨウ素不足でヤドカリが大量死してしまったことがあります。

特にプロテインスキマーを使っているとヨウ素は水槽からとられてしまうため、水換えをしっかり定期的に行うか、添加剤によって維持するのがおすすめです。

▼ヨウ素添加におすすめの添加剤

▼脱皮にヨウ素が重要という話

【海水水槽】ヤドカリが殻から出て死んでしまう。原因はヨウ素不足?今回はヤドカリやエビなどの甲殻類が水槽内で大量死してしまった時の原因と、もう起こらないようにするための対策について考えていきます。...

まとめ

*環境変化には強いが急激な変化には注意

*水温は25度が安定

*エサは特にいらない。コケ取り能力はそこまでない

*他種混泳は甲殻類を好む魚類や、性格の強いヤドカリでなければ可能。同種混泳は問題なし

*ヤドとなる貝殻をしっかり用意しておこう

*脱皮にはヨウ素が必要!

今回はアカツメサンゴヤドカリの飼育法について紹介しました。

コケ取り能力はあまり高くないですが、チャーミングなかわいらしい見た目で水槽のマスコットになってくれる存在です。ちなみに残りエサの処理は一応してくれますよ!

海水魚の水槽に入れておくだけで手間いらずのマスコットになってくれるので、気になったらぜひ飼育してみてくださいね!

ABOUT ME
rirutaki
本サイトをご覧頂きありがとうございます。 本サイトは現役大学生のりるとたきの2人で運営しております。 「海」に魅了された2人がみなさまのお役に立てるような記事をお送りできればと試行錯誤の日々です。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA