「アクアパーク品川」と「しながわ水族館」はどっちがおすすめ?状況別に紹介!|MarineLovers
水族館など

「アクアパーク品川」と「しながわ水族館」はどっちがおすすめ?状況別に紹介!

品川には2つの水族館があるの?どっちがおすすめなんだろう

ハタタテ
ハタタテ
わかった!じゃあ状況別にお話ししていこう!

今回は品川にある2つの水族館である「マクセル アクアパーク品川」「しながわ水族館」について、状況別におすすめを紹介します。

アクアパーク品川
しながわ水族館

本記事で分かること

・品川の2つの水族館について

・アクアパーク品川について

・しながわ水族館について

・それぞれどんな時におすすめ?

品川の水族館は2つ

まず、品川には水族館が2つあります。

それが

マクセル アクアパーク品川」と

しながわ水族館」です。

まずは両者の諸情報をまとめます。

アクアパーク品川 しながわ水族館
住所 東京都港区高輪4-10-30(品川プリンスホテル内) 東京都品川区勝島3-2-1
アクセス(電車・バス) JR「品川駅」高輪口から徒歩2分。 ・京浜急行「大森海岸駅」から徒歩8分。
・JR「大森駅」北口から徒歩約15分。
・大井町駅東口バスロータリー6番乗り場から1時間に1~3本の無料バスが運行。
駐車場について 駐車場は品川プリンスホテルのものを利用(30分/500円)。 しながわ水族館の駐車場を利用、駐車料金(20分/200円)。
入場料(大人1人) 2300円 1350円
営業時間(現在) 10:00 ~ 19:00(現在、平日)
※季節によって変動
10:00 ~ 17:00
見どころ ・映える水槽が多数
・昼と夜で演出が違う!光と音で魅せるイルカショー
・ロマンティックな巨大海中トンネル
・季節によってリニューアルされる展示
・水族館の裏側が知れるバックヤードツアー
・充実したショーと解説プログラムの数々
・東京湾に根ざした展示とかわいらしい共生水槽
・全長22mのトンネル水槽

まとめるとこんな感じ。

ちなみに結論からいうと

アクアパーク品川はデート向け

しながわ水族館は家族連れ向け

と言えます。それらについて紹介していきます!

アクアパーク品川の営業について

まずアクアパーク品川のポイントは「めちゃくちゃアクセスがいい」ところ。

アケボノ
アケボノ
品川駅から徒歩2分は神。

また早いときでも夜7時まで営業しており、水族館にしてはかなり遅くまでやっているのも大きなメリットです。

長いときには夜9時まで営業しているので、デートプランに組み込みやすいと感じます。

ハタタテ
ハタタテ
これは大きなメリットだね!

ただ入館料は安くはなく大人1人2300円です。

しかし年パスは4400円で購入でき、これは何と通常の入館1.9回分で購入できる計算で、他館の年パスに比べても超破格なのでとてもおすすめです!

しながわ水族館の営業について

こちらはしながわ水族館と名はついていますが、実は最寄り駅は品川駅ではなく、京急の大森駅かJR京浜東北線の大森海岸駅です。

どちらの駅からも徒歩10分前後かかるため、アクアパーク品川に比べればアクセスはよくなさげ。

一応大井町駅から無料の送迎バスも出ています。

アケボノ
アケボノ
なるほど~

営業時間も一般的な水族館と変わりません。

総じて、地域に根ざしたクラシックで奥ゆかしい水族館という印象があります。

ハタタテ
ハタタテ
2021年には30周年も迎えたんだよ!

対して素晴らしいポイントは入館料が1350円と非常に安いというところですね。

これは水族館の中では非常に安い部類となり、家族みんなで訪れる際にはとっても助けになりますね!

映える水槽がたくさん!アクアパーク品川

アクアパーク品川の魅力のひとつは「季節ごとに変わる展示」です。

上の写真を撮影したときはちょうど桜の時期で、花びらが散るようなプロジェクションマッピングで作られた空間はとっても美しくて気分がアップしました!

入って少し行ったところの「コーラルカフェバー」では妖艶なサンゴ水槽を眺めながらドリンクを飲むことができます。

机は水槽になっていて、水槽の中の生きものを眺めつつゆったりとした時間を過ごせる空間になっています。雰囲気はバツグンですね!

アケボノ
アケボノ
アルコールも飲めるよ!

「コーラルカフェバー」の次の「ジェリーフィッシュランブル」では美しいライトの色の変化で華やかな空間が演出されています。

多彩な色の光を透過して蠱惑的に輝くクラゲには思わずうっとりしてしまいます。

進んでいくとこの水族館の目玉である巨大トンネル水槽「ワンダーチューブ」。

トンネル水槽内で巨大なマンタやノコギリエイが泳ぎ回る様子を見上げながら眺めるととてもワクワクします。

そして最も注目の「ザ スタジアム」でのイルカショー!

光と音楽、そして水のカーテンの演出で他にはない絢爛な空間を作り出したイルカショーは一見の価値アリです。

これはぜひご自身の目で確かめてみてください!

全部周るのにかかる時間は1時間半くらい。イルカショーを見ることも考えれば2時間弱といったところでしょうか。

総じて全体的に非常に美しくて雰囲気バツグン、アクセスも良く夜遅くまで営業している点からも、デートにおすすめの水族館と言えるでしょう。

この雰囲気に呑まれて大切な人との距離も縮まること間違いナシですよ!

どこか懐かしくて魅力的!しながわ水族館

しながわ水族館はクラシックな印象の水族館です。

その分生きものとお客さんの間をつなぐという感覚が強く、バックヤードツアーやショー、解説プログラムがとても充実しています。

具体的には「イルカショー」「アシカショー」「アザラシショー」「しな水いきものト~ク」その他「バックヤードツアー」や「餌やり体験」などたくさんのイベントが開催されているので、行かれた際は要チェックです!

バックヤードツアー(ひとり500円)ではここでしか聞けない貴重な情報が聞けました!
ペンギンの給餌解説ではかわいいペンギンたちの姿を見ながら解説が聞ける

こういったプログラムに家族みんなで参加すれば、しながわ水族館をもっと楽しめることうけあいです。

飼育員さんと直接話せる機会も多く、水族館でしか知り得ない色んな話を聞かせてもらうと、ちょっと詳しくなった気がしていい気分になれますよ!

地元である東京湾に根ざした展示の多くと、全長22mにもなるトンネル水槽は必見です!

巨大さではアクアパーク品川のトンネル水槽に劣りますが、長さでは勝っていて生きものへの距離も近いのでじっくり観察できるのが強みです。

また地味にここの特色のある展示として「共生水槽」があります。

「クマノミとイソギンチャク」「ハゼとテッポウエビ」という、自然界でもおもしろい共生関係を築いている生きものたちが展示されています。

クマノミとイソギンチャクの共生関係
ハゼとテッポウエビの共生関係

小さな生きものたちが協力しあって必死に生きている姿を見るとなんだか元気がもらえるので、個人的にはすごく好きな水槽です。

水族館の展示エリアの最後のほうにあるのでぜひチェックしてみてください!

こちらも全部周るのにかかる時間は1時間半くらいでしょうか。

アクセスは決して良くありませんが、安価な料金や充実したプログラムなど、総じてしながわ水族館は家族連れにおすすめの水族館と言えます。

生きものの生態を知れば家族みんなで楽しめること間違いナシです!

デートならアクパ!家族で行くならしな水!

エンターテインメント水族館のアクアパーク品川!

アクアパーク品川の「ザ スタジアム」

アクアパーク品川は映える展示もたくさんで、バツグンの雰囲気の中で美しい水槽や生きものを見れば大切な人との距離も縮むはず!

総じてデートで訪れるのがおすすめの水族館です。

あたたかくて地域密着のしながわ水族館!

しながわ水族館の最後を飾る巨大ザメ「シロワニ」。3m以上もあるが、凶悪な見た目に反して温厚らしい

しながわ水族館はあたたかい雰囲気が売りのクラシックな水族館で、充実したプログラムや小さな生きものにも焦点を当てた展示、安価な入館料が魅力です。

総じて家族連れで訪れるのがおすすめの水族館です。

まとめ

*アクアパーク品川は雰囲気バツグンでデートにおすすめ!

*しながわ水族館は奥ゆかしい魅力があり家族連れにおすすめ!

今回は品川の2つの水族館について紹介しました。

どちらの水族館もそれぞれに特別な魅力があって、シーンによってどちらも楽しめる水族館です。

品川の水族館を訪れる際の参考になればうれしいです!

ABOUT ME
rirutaki
本サイトをご覧頂きありがとうございます。 本サイトは現役大学生のりるとたきの2人で運営しております。 「海」に魅了された2人がみなさまのお役に立てるような記事をお送りできればと試行錯誤の日々です。