ギンガハゼの飼育法と注意点!ほっぺたキラキラの共生ハゼ!|MarineLovers
海水魚飼育

ギンガハゼの飼育法と注意点!ほっぺたキラキラの共生ハゼ!

悩む人
悩む人
ギンガハゼの飼育法が知りたい!

ハタタテ
ハタタテ
OK!紹介するね

今回は共生ハゼの一種であるギンガハゼの飼育法と注意点をご紹介します。

本記事で分かること

・ギンガハゼの特徴

・飼育に必要な環境

・飼育法

・飼育の注意点

ギンガハゼの飼育まとめ

ギンガハゼの飼育について簡単にまとめてみました。

水槽の大きさ 20cm水槽~
環境変化に強いかどうか 強い
水温 25℃
食性/おすすめエサ 肉食性(微小な甲殻類やプランクトンなど)/メガバイトレッド
性格 おくびょう
魚との混泳の相性 他種:共生ハゼ類には注意が必要 同種:ペアにとどめるのが無難
サンゴとの相性 対策すれば大丈夫
特記事項 主にニシキテッポウエビと共生する
総合飼育難易度 ★★☆☆☆

これらについてこの先でお話ししていきます。

ギンガハゼの特徴

しながわ水族館で撮影したギンガハゼ

ギンガハゼの見た目

大きさは最大で7センチほどになります。

ぽっぺたに水色のキラキラ模様があり、この模様が「ギンガ」の名前の由来にもなっています。

ヨコハマおもしろ水族館で撮影したギンガハゼ

黄色い個体と、灰色に黒のしましまの個体がいますが、どちらも飼育方法に違いはありません。また色が違う個体同士でもしっかりペアになります。

ちなみにこの色は飼育中に変化していくこともあるみたいです!

3~5センチ程度のかわいらしい個体がよく販売されていて、色に関してもどちらもよく販売されています。

テッポウエビとの共生

ギンガハゼは共生ハゼの一種で、テッポウエビの仲間と共生することが知られています。

一応エビがいなくても飼育はできますが、臆病がちになったり落ち着かなかったりするので飼育の際はテッポウエビと一緒に飼育してあげましょう。

▼共生ハゼについて

共生ハゼとは?おすすめの種類やエビとの組み合わせを4種類紹介!今回は共生ハゼを飼育したいときにおすすめな種類を大きさ別に4種類紹介します。...

共生ハゼは種類ごとに共生するエビの種類がだいたい決まっており、ギンガハゼの場合は「ニシキテッポウエビ」がいいみたいです。

自然下では「ホリモンツキテッポウエビ」などとも共生している(ハゼガイドブック、2004)ようですが、ニシキテッポウエビが最も手に入りやすく値段も安価、見た目も美しいのでおすすめです。

▼ニシキテッポウエビの飼育について

ニシキテッポウエビの飼育法と注意点!共生ハゼとの飼育にぴったり!今回は共生ハゼとの飼育にとってもおすすめなニシキテッポウエビについて飼育法と注意点を紹介します。...

ギンガハゼの性格

エビと共生していない状態だと臆病で落ち着きがないのですが、エビと共生している状態なら常に巣から出てきて周囲を見渡しています。

我が家で飼育する黄色のギンガハゼ

基本的に温和で他の魚にちょっかいを出すことはありません(近づいてきたら口を大きく広げて威嚇するくらい)が、同じ共生ハゼの仲間にはかなり気が強いみたいです。

ジッサイ我が家でも、同じ共生ハゼの仲間であるニチリンダテハゼと一緒にしてみたら、ギンガハゼがかなりきつく追い払ってしまったことがあります。

ハタタテ
ハタタテ
共生ハゼとの混泳には注意が必要!

ギンガハゼを購入する

ギンガハゼは海水魚を販売しているショップや通販などで購入できます。

入荷は多く、海水魚を扱っているショップなら比較的簡単に入手できます。値段は1匹1000~2500円くらいの場合が多いです。

ギンガハゼの飼育について

必要な水槽の大きさ

大きさは最大で7cmほどになりますが、販売サイズは4cm程度の個体が多いです。

水槽内なら大きくは成長しませんし、底生の魚なので水槽は大きくなくても問題ありません。20cm水槽で十分に飼育できます。

ハタタテ
ハタタテ
ジッサイ我が家では10×20cmの区画で飼育しているよ!

底砂について

上でも書きましたが、ギンガハゼと共生するテッポウエビは砂を掘って巣をつくるので、飼育には底砂(サンゴ砂)が必要になります。

パウダータイプのサンゴ砂だとどんどん崩れてきてしまって巣をつくれないので、サンゴ砂は指先くらいの大きな粒から数ミリの小さな粒までをまぜておくのがいいでしょう。

宮古島で撮影したダテハゼの仲間とテッポウエビの共生の様子。大小入り混じった砂地に巣をつくっていることがわかる

サンゴ砂の厚さについては、少なくても飼育自体はできますが、大体4、5cm敷いておくのが理想でしょう。

ちなみに自然界ではテッポウエビは地中に水平方向の広さは1m、深さは70cmにもなる巣を掘る(※)みたいです。すごいですね。

※「サンゴとサンゴ礁のはなし 南の海の不思議な生態系」本川達雄 より

我が家ではご覧の通り5cm程度の底砂を敷いています。底砂はcharmさんの「ばくとサンド ラージ」と「アラゴナイトサンド」を混ぜて使用しました。

▼アラゴナイトサンドについてはコチラ

アラゴナイトサンドってなに?サンゴ砂との違いや効果も紹介!今回はアラゴナイトサンドがサンゴ砂とどう違うのかや、おすすめのアラゴナイトサンドの商品について紹介します。...

▼サンゴ砂の量と厚さについてはコチラ

【海水水槽】サンゴ砂の量と厚さはどのくらいがいい?おすすめは何cm?今回は海水水槽のサンゴ砂の厚さはどのようにすればいいのか、サンゴ砂の厚さにより生じる違いと目的別のおすすめの厚さについて紹介します。...

エサ

ギンガハゼはすぐに人工餌を食べることが多く餌付けの心配はあまりありません。

もし餌付かない場合は冷凍ブラインシュリンプなどをスポイトで与えれば食べてくれることが多いでしょう。

おすすめは栄養価の高い沈下性の人工餌である、メガバイトレッドです。コスパが最強なテトラマリン ミニグラニュールもおすすめです。

大きめの粒がいいなら沈下性の「シュアーR」もおすすめです。

砂の上のエサをついばむギンガハゼ

我が家ではシュアーRを与えていますが、巣の前に落としておくと後で勝手に食べてくれるのでエサやりが楽でいいです(笑)。

自然界でもこんな感じで巣の周りに落ちているエサや、流れてくるプランクトン、ゴカイなどをつまみ食いしながら生活しているみたいです。

ギンガハゼの混泳について

他種混泳について

ギンガハゼの性格は臆病な方です。ほかの魚に攻撃を仕掛けるようなことはあまりないですが、気が強い魚がいるとやられてしまったり引っ込んでしまったりすることがあります。

しかしエビと共生している状態なら、監視するためにきちんと出てくることが多いのであまり気にしなくても大丈夫かもしれません。

またほかのハゼの仲間には注意が必要です。ギンガハゼは共生ハゼの中でも気が強いとされ、他の共生ハゼを攻撃してしまうこともあるようです。

同じく共生ハゼのギンガハゼ(右)とヒレナガネジリンボウ(左)。このような共生ハゼの仲間との混泳には注意が必要

共生ハゼを同じ水槽で複数種飼育したい場合は、大きい水槽で飼育するか仕切りなどで区画を分けてもいいかもしれませんね。

人気のカクレクマノミや、ハギ類、ハゼ類、ハナダイなどの多くの魚とは問題なく組み合わせられます。

同種混泳について

ペアより多く(3匹以上)での飼育は喧嘩してしまう可能性がありおすすめしません。

2匹導入したときに運悪く同じ性別だと喧嘩してしまうことも考えられるので、水槽が相当大きくない限りは単独飼育をおすすめします。

アケボノ
アケボノ
ペア売りでの購入もおすすめだね!

サンゴとの混泳について

基本的に可能です。

ただテッポウエビが底砂に巣をつくる関係で、底砂付近のレイアウトはかなり変わります。ライブロックの下も掘るのでライブロックが沈んでしまうこともしばしば。

サンゴなどを底砂にレイアウトしている場合や、崩されたくないレイアウトがある場合には注意が必要でしょう。

ギンガハゼは環境変化に強い?

ハゼ類の例にもれず丈夫です。

水質の悪化や温度変化などの悪条件・環境変化にも強めです。

自然界ではサンゴ礁の内湾や浅海の砂泥地に生息する(ハゼガイドブック、2004)ので、環境変化に強いのはその部分が影響しているのかもしれませんね。

ろ過について

丈夫な魚ですので、他の魚が飼育できるくらいの水質が用意できれば問題ありません。

▼水槽のろ過を担うフィルターについてはこちらで詳しく解説しています。

【海水水槽】フィルターの選び方!選ぶ時に見るポイントは?海水水槽を始めるとき、フィルターを何にすればよいのか迷いますよね。今回はそんな疑問にお答えして、フィルターを選ぶ基準やそれぞれの方式の特徴、最終的に何を選べばよいのかについて解説します。...

水温について

適切な水温は25℃です!

この値をキープできるように、ヒーターやクーラーで管理しましょう。1日での変化量が大きかったりすると病気になってしまう可能性もあるので、なるべく変化させないようにするのが基本です。

ハタタテ
ハタタテ
水温が安定していると僕らも元気にすごせるよ!

▼水槽用のヒーター・クーラーについてはこちらで詳しく解説しています

【海水水槽】水温を安定させよう!水槽用ヒーター・クーラーの選び方水槽用のヒーターやクーラーで水温を管理したい!でもどれを選べばいいのかわからない。そんな方もいると思います。今回はそんな疑問にお答えしつつ、おすすめのヒーターやクーラーを紹介します。...

飼育の注意点

飛び出し注意!

エビと共生している状態なら巣に逃げ込むのであまり心配いらないのですが、やはりハゼはハゼなので、びっくりすると飛び上がって水槽から出てしまう可能性があります。

気づくと干物になっていたという事態を防ぐためにも水槽のフタはしっかりとしておきましょう。

水槽の蓋をするメリット4選!水槽での蓋にはいろいろ役目があり、蓋をすることで水槽にとって良い効果がたくさんあります。今回はそれらを紹介していきます。...
【飛び出し防止】アクリル板で水槽の蓋を作ろう「魚の飛び出し防止に水槽の蓋をしたいけど、元から付属している蓋は隙間だらけ」そんなときに使えるのがこのアクリル板で水槽の蓋を作る方法です。今回はアクリル板で水槽の蓋を作る方法を解説します。...

すでに底砂が汚くなってしまった水槽に導入するのは避けたほうがいい

共生ハゼの飼育では、テッポウエビが底砂を掘る関係で底砂の中に有害物質がたまっていた場合にそれをまき散らしてしまう可能性があります。

アケボノ
アケボノ
病原菌や硫化水素などの有毒成分を水槽内にまき散らしてしまう可能性もあるし、ハゼやエビ自身にもよくなさそう
ハタタテ
ハタタテ
だから底砂がなるべく綺麗な状態の水槽にどう有したほうがいいような気がするね

したがって、ギンガハゼを導入するなら立ち上げてすぐの水槽か、リセットや半リセットで底砂を新しいものに交換したときなどがおすすめです。

まとめ

*初心者さんでも飼育しやすい

*20cmキューブ水槽で飼育できる

*水温は25度が安定

*他種混泳は他の共生ハゼ以外の種なら可能。同種混泳は大きな水槽でないなら避けたほうが良い

*テッポウエビと共生する(ニシキテッポウエビがおすすめ)

*エビの巣作りでレイアウトが崩れないように注意

*病気をばら撒いてしまうかも。きれいな底砂の水槽に導入するのがおすすめ

*飛び出しには注意。水槽にはしっかりフタをしよう

今回はギンガハゼの飼育法と注意点をお話ししました。

ギンガハゼはその名のもとになったほっぺたのキラキラがチャーミングでカワイイ共生ハゼです。

飛び出しや混泳の注意点にだけ気をつければ、テッポウエビも合わせてとても飼育しやすいので、ぜひ飼育してみてください!

▼ギンガハゼ、ニシキテッポウエビ、そして彼らの巣に居候するハタタテハゼをセットにしたものも販売されていました!

※本記事を執筆するにあたり使用した参考文献

サンゴとサンゴ礁のはなし 南の海の不思議な生態系」本川達雄、2008

ハゼガイドブック」林公義・白鳥岳明、2004

日本に産するハゼ類と共生するテッポウエビの分類学的検討」野村恵一、2003、日本生物地理学会会報第58巻、49-70

ABOUT ME
rirutaki
本サイトをご覧頂きありがとうございます。 本サイトは現役大学生のりるとたきの2人で運営しております。 「海」に魅了された2人がみなさまのお役に立てるような記事をお送りできればと試行錯誤の日々です。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA