【ダイビング】沖縄でトウアカクマノミと遊んできた!《SHOP:ソルキスさん》|MarineLovers
マリンレジャー

【ダイビング】沖縄でトウアカクマノミと遊んできた!《SHOP:ソルキスさん》

今回は、沖縄でダイビングをしてきたのでその様子を紹介します。

トウアカクマノミとの初対面

計画中

私たちは実は以前からトウアカクマノミを自然界で見てみたくて、21年9月の沖縄旅行でついにそれを行動に起こしました。

というのも、それまでのダイビングで沖縄で見れるクマノミ6種のうち、トウアカ以外のクマノミ、カクレ、ハマ、ハナビラ、セジロの5種は生で見たことがあったんです。

慶良間諸島で見たカクレクマノミ。センジュイソギンチャクに入っている

なのに唯一トウアカだけは見たことがなかったので、それを見ようと思ったのです。

しかしいったいどこでトウアカクマノミを見ればいいのかわからなかったので、沖縄のダイビングショップ「ソルキス」さんに相談しました。

沖縄ではこんな風に、相談すると柔軟に対応してくださるショップがたくさんあるので、行かれる際はぜひ検討してみてください!

公式サイトはこちら

なぜソルキスさんを選んだかというと、以前ツイッターにトウアカクマノミの動画をあげていらしたからですね(ちょろい)。

それならトウアカクマノミのポイントも相談できるんじゃないかということで、今回は相談させていただくことにしました。

しかも今回は「ドローンを飛ばしたい」という希望があったので、それもあわせて相談したところ「トウアカが見れてドローンも飛ばせる」ポイントを探してくださるということで、何から何までお世話になってしまいました。

相談はツイッターのDMから行って、その後はソルキスさんの公式ラインで詳細をお話しするという形をとりました。

サンセットサップやウミガメシュノーケルツアーなども実施されているようですので、沖縄に行かれる際にはぜひ!

実際に会ってきた!

ここからは当日の様子です!

当日は那覇から2、30分の「宜野湾マリーナ」に集合し、ソルキスさんの自社船で出航しました。

ソルキスさんはひろやさんとみむさんのご夫婦で運営されていて、とても気さくに話してくださいました!

2、30分でポイントに到着しました。行く途中にも沖縄の海岸沿いの市街地が見えて結構面白かったです。

遠い外海に出ないとはいえ結構揺れたので、酔い止めを飲んできてよかったです。おすすめの酔い止めはこちらの「アネロン」ですね。まじで酔いません。

この日はもう1組スキンダイブかな?の女性2人組がいたのですが、自分たちと合わせて2組しか乗船しないかなり少人数での開催でした。

ソルキスさんは小数での開催をメインで行っているみたいなので、その点もソルキスさんの強みだと思います。

この日はひろやさんが我々ダイブチームを案内してくれました!

肝心のダイビングですが、まず1本目に潜ったのは嘉手納の「水釜トウアカポイント」です。そのままです(笑)

船を停泊させたところに大きい根があって、その根の周りは魚やサンゴが多く、根から数十mいったところにトウアカクマノミ家族がいるというポイントですね。

潜ってまずトウアカを見に行きました!

念願の対面…!

かわいい。なんてかわいいのでしょうかトウアカ家族。

左の個体の下にあるのが卵

しかも家族は卵をお世話中で、水を吹きかけたりゴミを払ったりする様子がとっても和みました。

動画はこちらです。

ツイッターに載せたものですが、こんなにかわいいんですよ!これはぜひ生で見てほしい…。指先くらいの大きさのちびっこ個体も頑張って卵のお世話をしていてめっちゃ可愛かったです。

ちびっこトウアカがめっちゃかわいらしかったです

20分くらいトウアカと遊んで、その後メインの根に行きました。

メインの根では色んな魚や生き物がいました!

多分スカシテンジクダイ
イソギンチャクモエビ。腰フリフリがかわいいエビちゃんです
ソライロイボウミウシ?

こんな風にマクロ生物も多かったですし、ワイド的な目線で見ても魚が多くて楽しかったです。

2ダイブ目

その後、読谷村の「イナンビシ」というポイントに移動して2ダイブ目をしました。

ここではカメラのハウジングが曇ってきてしまってあまりまともな写真がないのですが、カクレクマノミやヨウジウオ、ウミヘビやソフトコーラルを見て楽しんできました!

全体的に水深がかなり浅く、地形も複雑でないので浮かないようにだけすればすごく潜りやすいポイントでしたね。

Max8.8mとかだったのでかなり浅いです。アベレージはわかりませんが4~5mくらいじゃないでしょうか。

センジュイソギンチャクに入るカクレクマノミ。ピントもあってないし曇りまくりですね(笑)
ヨウジウオは動きがおもしろかったです

ウミヘビは索餌中で、岩の隙間に頭を突っ込んで餌を探す様子が見られて非常に興味深かったですね。

ウミヘビは詳しくありませんが、少し調べた感じ「クロガシラウミヘビ」と思われる

中でもソフトコーラルの群生は非常にダイナミックでした!

ソフトコーラルの群生

水深もかなり浅かったので、1時間近く潜っていました。魚も多かったのでたくさん遊べました!

そうそう、こっちではドローンも飛ばしたんです。

写真がなかったので、追加したらまた載せますね!

というわけで、トウアカクマノミに会いにダイビングしてきた様子はこんな感じです。

いやあ、かわいかった。ほんとうに。

将来はトウアカクマノミと、トウアカクマノミが共生しているイボハタゴイソギンチャクを一緒に飼ってみたいものですね。

ソルキスさん、1日ありがとうございました!!

沖縄本島でのマリンレジャーを検討している際はぜひ!

公式サイトはこちら

ABOUT ME
rirutaki
本サイトをご覧頂きありがとうございます。 本サイトは現役大学生のりるとたきの2人で運営しております。 「海」に魅了された2人がみなさまのお役に立てるような記事をお送りできればと試行錯誤の日々です。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA