チヂミトサカはどんなサンゴ?飼育法と注意点!【水質・光・水流・エサ・増やし方】|MarineLovers
サンゴ飼育

チヂミトサカはどんなサンゴ?飼育法と注意点!【水質・光・水流・エサ・増やし方】

悩む人
悩む人
チヂミトサカの飼育法が知りたい!
ハタタテ
ハタタテ
コツはいるけど、美しさは折り紙付きのサンゴだよね!

チヂミトサカは一般的にトサカ類の中でも飼育は難しい方とされています。しかしその色合いや、ポリプを開いた時の見た目が美麗で人気な種類です。

今回はチヂミトサカの飼育法とその際の注意点についてお話しします。

なお、近縁種であるスジチヂミトサカも同様の飼育法で飼育が可能です。

本記事で分かること

・チヂミトサカの特徴

・チヂミトサカの飼育に必要な環境

・チヂミトサカの飼育法

・チヂミトサカの増やし方

・飼育の注意点

▼チヂミトサカがひらかなかったり、ぐったりしている場合の対策はこちらで紹介しています。

チヂミトサカがぐったりして縮む!開かない!溶ける!対処法は?今回はチヂミトサカが縮んだり開かなかったりしてしまうというときに考えるべきことと、とるべき対応についてお話しします。...

チヂミトサカの飼育早見表

チヂミトサカの飼育難易度についてまとめてみました。星の数が多いほど難易度や必要性が高く、少ないほど簡単になっていきます。

水質 ★★☆☆☆
★★★★☆
水流 ★★★★☆
エサ ★☆☆☆☆
成長・増殖の難易度 ★★★☆☆
飼育難易度 ★★★☆☆

チヂミトサカの特徴

見た目

チヂミトサカは光合成をするトサカ類を代表するようなサンゴで、ポリプを繊細に開かせる姿がとても美しいソフトコーラルです。

私のお気に入りのサンゴのひとつです。

中央のサンゴ2つはどちらもチヂミトサカ

色の違いについて

色はイエロー、ベージュ、ピンク、パープルなどがあります。

ハタタテ
ハタタテ
特にパープルは海水水槽でとても映えるよ!いつかトサカの森を水槽に作ってみたいものだね
伊勢シーパラダイスで撮影したチヂミトサカ。薄ピンクが桜のようで美しい。

▼ベージュ系のもの。最初の写真の左側はこれ。

チヂミトサカを入手する

値段はサイズやカラーにもよりますが、1つ5000円〜2万円程度です。

少し高価ですが、人気の種のためコンスタントに入荷があり、実店舗でも通販でも容易に手に入ります。

また、入手する際は沖縄産をおすすめします。産地からの距離が短く輸送のダメージが少ないのと、日本における環境にすでに慣れていて調子や成長が安定しやすいからです。

チヂミトサカの飼育について

沖縄の慶良間諸島でダイビングをしたときに撮影したイエローのチヂミトサカ

水槽

大きい水槽を必要としないため、30cmキューブ水槽程度で充分に飼育できます。

成長もしますが、大きくなったらハサミやカッターで切って株分けということも可能ですのでそこまで心配は要りません。

ただし、成長が進むとかなり大きくなるのと上に向かって伸びる性質があるので水槽の高さは高めがおすすめです。

水質

チヂミトサカはソフトコーラルの中では水質に敏感な方とされていて、一般的には硝酸塩が20ppm以下になるような水質が必要と言われています。

といっても環境次第では硝酸塩が高くても問題ないようで、私の水槽では硝酸塩が50ppmほど出ていてもポリプを開かせていました。

硝酸塩が50mg/L出ている時のチヂミトサカ
ハタタテ
ハタタテ
正直チヂミトサカは水質悪化に強いサンゴだと感じるよ!でも個体や水質以外の環境にもよるだろうから、なるべく綺麗めの水質を保つのが安全ではあるね。

またチヂミトサカなどのソフトコーラルには硝酸塩などの栄養塩を利用するため、逆に硝酸塩が全く検出されない環境には向いていないようです。

実際に硝酸塩が0になってしまうと、ポリプの開きが悪くなるように感じています。

ろ過方式は特に問いません。外掛けフィルターや外部フィルターで十分に飼育できます。

▼水槽のろ過を担うフィルターについてはこちら

【海水水槽】フィルターの選び方!選ぶ時に見るポイントは?海水水槽を始めるとき、フィルターを何にすればよいのか迷いますよね。今回はそんな疑問にお答えして、フィルターを選ぶ基準やそれぞれの方式の特徴、最終的に何を選べばよいのかについて解説します。...

水温

水温は25℃前後で管理するとよいです。

サンゴや魚にとって必要以上の低水温・高水温はストレスになりますので、冬場はヒーター、夏場はクーラーでの管理をおすすめします。

▼水槽用のクーラーについて知りたい方はこちら

【海水水槽】水温を安定させよう!水槽用ヒーター・クーラーの選び方水槽用のヒーターやクーラーで水温を管理したい!でもどれを選べばいいのかわからない。そんな方もいると思います。今回はそんな疑問にお答えしつつ、おすすめのヒーターやクーラーを紹介します。...

チヂミトサカは光合成をするので、飼育にはライトが必要です。

チヂミトサカはトサカ類の中でも要求する光量が高めで、しっかりした光に当たっていないとポリプの開きが悪くなります。

メタハラでももちろん問題ありません。メタハラは発熱や消費電力の問題があるので、おすすめはLEDです。

具体的にはグラッシーソーラーや、グラッシーレディオなどの光量の高いLEDや、蛍光灯などがおすすめです。

チヂミトサカは他のサンゴと比べても強めの光を要求するので、メイン照明とは別にチヂミトサカを飼育する一帯をスポットライトで照らしてしまうのもおすすめです。

▼ソフトコーラルの飼育におすすめのLEDライトについてはこちらでさらに詳しくお話ししています。

【照明】ソフトコーラルの飼育・成長促進におすすめのLEDライト7選ソフトコーラルを飼育したいけど、どんなライトを使えばいいのかわからない。そんなときにおすすめなLEDライトを7つ紹介していきます。...

水流

ダイビングで観察した自然界のチヂミトサカも、潮の流れの良いところに群落を形成していた

チヂミトサカの飼育においては、水流が最も重要です。

しっかりと美しくポリプを開かせるためには水流ポンプで水槽内に水流を作ってあげることが必要です。

アケボノ
アケボノ
そんなに大事なの?
ハタタテ
ハタタテ
そうなんだ。逆に水流が当たらないとぐったりと倒れて、そのまま溶けてしまうこともあるよ!チヂミトサカの飼育が難しいとされている理由のひとつだね。

サンゴに水流が直接当たるのはあまり良くないとされますが、正直チヂミトサカには直接当ててもよいくらいです。私もウェーブポンプからの水流が直接当たるような位置に設置しています。

必ずしも直接にこだわる必要はありませんが、チヂミトサカは必ず強い水流がある場所に設置しましょう。

我が家の水槽。チヂミトサカは水流ポンプからの水流が直接あたる場所に設置してある。

コントローラー付きのウェーブポンプがひとつあれば水槽の水流問題が解決しますので、おすすめです。

▼おすすめはこちらの「ベスタウェーブ」です。

少々高価ですが、6段階の強さ調節と4種類の運転モード、さらに10分間水流を止める給餌モードや、夜間に水流を弱める夜間モードなどがあり、60cmワイドくらいまでの水槽ならこれひとつでなんでもできてしまいます。

私も利用しています。

チヂミトサカは2株飼育しているのですが、どちらもここからの水流が直接当たる場所に設置しています。ランダムモードで水流に強弱をつけて自然界の様子を再現できるようにしています。

エサ

チヂミトサカの飼育にはエサはいりません。しかしリーフエナジーなどのサンゴフードを与えると、成長速度、増殖速度が早まります。

[chat face=”hatatate-scaled.jpeg” name=”ハタタテ” align=”left” border=”gray” bg=”none” style=””]早く増やしたい場合はエサを与えるといいよ![/chat]

▼バイタリスソフトコーラルフードはソフトコーラル用のエサ。粉末状で、飼育水と混ぜてスポイトで振りかけるように与える。

▼リーフエナジーはサンゴ用の液体フードで、水槽に規定量を入れるだけで給餌可能。
リーフエナジーは優秀なサンゴフードで、定期的に添加することでサンゴの成長スピードが速まります。値段も高くないのでおすすめです。

▼リーフエナジーのレビューはこちら

リーフエナジープラス(AB+)使ってみた!効果はある?リーフエナジープラスは有名なサンゴフードです。今回はリーフエナジープラスの効果や、水槽への影響について、実際に使ってみれのレビューをしていきます。...

成長しやすさ

成長速度は中くらいです。私の水槽では早くはないですが、数ヶ月して気づいたら「大きくなったなぁ」と感じるくらいには成長します。

ハタタテ
ハタタテ
成長を促進するためには、適切な光、水中の微量元素、サンゴフードの3つの条件を揃えてやるといいよ!

株分け

もし大きくなりすぎるようなら、チヂミトサカを直接ハサミやカッターでカットして株分けをすることが可能です。

切った側の部分は、つまようじなどでライブロックやプラグの上に固定するか、水中ボンドなどで接着しておけば自然と活着します。

あまり小さく切りすぎると体力が足りずそのまま溶けて死んでしまうこともあるようなので、小さくしすぎるのはやめたほうがいいかもしれません。

▼水中ボンド

切った際には切り口からダメージを受けないよう、「リーフディップ」のようなサンゴに活力を与える成分を含む製品でトリートメントを行うとなおよいです。

▼サンゴのトリートメントにおすすめなリーフディップ

切った傷口がふさがらないまま固定しようとすると失敗することもあるようなので、上のような製品でトリートメントしつつ、何日かおいて傷口がふさがって根元の色が変わって硬くなってきてから活着させてみるとよいようです。

水替え

水替えは怠らないようにしましょう。

水替えによってチヂミトサカに必要な水中の微量成分の補給と硝酸塩の除去を行えるからです。

水替えについては水槽の大きさや飼育している魚の匹数にもよりますが、大体1週間に水槽の水量の10%程度の水替えがおすすめです。硝酸塩については、安価なものでもよいので試験紙などを購入し、測定をすることがおすすめです。

▼試験紙タイプのもの。結果は大雑把ですが、値段は安価で目安には十分、縦半分に切って使えば50回使えるなど、コスパは最強です。

▼試薬タイプのもの。値段は高いですがかなり正確に測れます。ステップアップにおすすめです。

▼硝酸塩について、またそれを減らす方法についてはこちら

【海水水槽】硝酸塩が減らないときの対策5選海水水槽の硝酸塩がどうしても減らない時ってありますよね、今回はそんなときの対策法についてお話しします。...

飼育の注意点

チョウチョウウオやヤッコとの飼育には注意

チョウチョウウオ類やヤッコ類には、サンゴを食べてしまうものもいます。

チヂミトサカも標的になり得るため、混泳は避けたほうが良いでしょう。

ヤドカリに乗られたり落とされたりすることもある

海水水槽でよく飼育されるヤドカリはサンゴの上に乗ったり、歩く過程でサンゴを落としてしまったりすることがよくあります。

これらはサンゴにとって当然ストレスになるため、よいとは言えません。

ヤドカリと混泳する場合は少し注意が必要ですが、もしヤドカリに乗られて一旦ポリプが閉じてもヤドカリが降りれば元に戻るので、ずーっと乗り続けられてしまうといったことでない限りは心配いりません。

接触に注意!

毒性は弱いです。スターポリプやハナサンゴ類などの毒性の強いサンゴと接触するとダメージを与えられてしまうかもしれません。

サンゴに共通して言えることですが、他のサンゴとの接触には注意しましょう。

微量元素が少ないと痩せてしまう

水中の微量元素が不足すると痩せてしまいがちです。「光は強く当てているのになぜか痩せてしまう」という時は、水中の微量元素不足が考えられます。

そう言った時は水替えで微量元素を補給するか、添加剤による添加がおすすめです。

比重が高いと萎えてしまう

これは経験的に観察出来ていることなのですが、比重が普段より高い状態が続くと元気がなくなって萎え、だらんとしてしまいます。

例えばしばらく足し水をしておらず、水位が下がってしまった時などです。

しばらく足し水をしておらず比重が上がってしまった時のチヂミトサカ

そんな時は、足し水をしたり低比重の海水で水替えしたりして比重を元に戻せばじきに元に戻ってくれます。

水流が大事

チヂミトサカの飼育には水流が絶対に必要です。

水流がないとすぐにぐったりして数日で溶けてしまうこともあるようなので、水流を起こせるようにウェーブポンプを設置してあげましょう。また設置場所にも気をつけましょう。ポンプからの水流がしっかりと当たるような場所に設置してあげる必要があります。

ハタタテ
ハタタテ
逆に水流さえ整えればかなり丈夫なサンゴだよ!

まとめ

*水質悪化には基本的には強い

*小型水槽でも充分に飼える

*水温は25度が安定

*エサは必要ないが与えると成長を促進できる

*光はある程度の強さが必要。弱すぎると痩せやすい

*ポリプを開かせるために水流は必要

*チョウチョウウオ類、ヤッコ類、ヤドカリとの混泳には注意

*微量元素が不足すると痩せやすい

*水流が必須

チヂミトサカは水流さえ整えてしまえばそれほど難しくないと言えるサンゴです。

そのポリプを繊細に開かせる姿は本当に美しくて見入ってしまうように綺麗ですので、気になったらぜひ挑戦してみてください!

▼チヂミトサカが気になった方は、こちらから購入できます。

ABOUT ME
rirutaki
本サイトをご覧頂きありがとうございます。 本サイトは現役大学生のりるとたきの2人で運営しております。 「海」に魅了された2人がみなさまのお役に立てるような記事をお送りできればと試行錯誤の日々です。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA